• 消えてしまったデータの復旧
  • 当日訪問! 出張サポート
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 会社概要
  • 動きが遅くて調子が悪い・・・【不調・メンテナンストラブル】

    prev » Next «

    「電源を入れてから起動するまでが長くてイライラする!」、「使っていると段々処理が遅くなっていく気がする・・・」、「以前はこんなに遅くなかったのに・・・」

    こんな症状でお悩みならパソコンのメンテナンスが必要です。上記のような症状の原因は以下のような状態になってしまっている可能性があります。

    埃による熱暴走

    熱暴走パソコンは総じて熱に弱いものです。少しでも排熱が滞ると途端にパソコンの動作が遅くなります。「インターネットを開いて! 動画を再生して!」という皆様からの指示を処理しているパーツを『CPU』といいます。このCPUは常に様々な処理をするため、60℃~80℃程の熱を常時放熱しています。この熱をパソコンから逃がして冷やす役割をしているのが『CPUクーラー』と呼ばれる小型の送風装置です。この送風装置に埃が溜まってしまい、パソコン内部に熱がこもる症状を【熱暴走】といいます。パソコン内部の温度は通常30℃から高くても50℃前後に留めておかないと【熱暴走】を引き起こしてしまい、【動作が極端に遅くなる】や【突然電源が切れて5分程度放置しないと起動しない】などの症状を発症します。

    サポート例

    パソコン内部清掃 ¥2,500
    パソコンを分解して内部の埃を除去し、熱暴走を防ぎます。

    データの断片化・不要ファイルの蓄積

    断片化ハードディスクはデータの書込・削除を常に繰り返しており、使用している内にデータの配列が不連続になってしまいます。(通常、視覚的には見えません)「データが綺麗に並んでいない」という事は、次のファイルが保存してある場所まで若干の隙間ができているという事になります。
    ※物が綺麗に並んでいる倉庫と、適当に放置されている倉庫を想像してください。この場合、適当に荷物が放置された倉庫が使っているパソコンの状態というイメージになります。このデータとデータの隙間が読込の遅さ、つまり【動作が遅くなる】という症状を発症しているのです。
    このような症状を【データの断片化】といいます

    また、パソコンを使っていると、日に日に不要なファイルが内部に蓄積
    されていくのですが、あまりに溜まりすぎると動作を遅くする原因にも繋がります。

    サポート例

    パソコンチューニング ¥3,500
    断片化して読込が遅くなったデータの整列、不要になったファイルの削除を行い、動作を速くします。また、WindowsUpdateやメーカーアップデート、Flash/JAVAなどの必要な更新も行います。

    ハードディスクの破損による動作不良

    damegesectorハードディスクはパソコンパーツの中でも一番壊れやすい『消耗品』です。磁器ディスクと呼ばれる円盤が1分間に5400~7200回転というスピードで回っていて、そこにヘッドと呼ばれるレコード針のような小さなパーツがデータの読み書きを行っています。これほど高速で回るモーターが付いていて、ミクロン単位でデータの読み書きをしている訳ですから壊れやすくて当然です。良く「パソコンが動いている時に衝撃を与えないで下さい」と言われるのは、衝撃を与えるとヘッドが物理破損してしまい、データを読みに行けなくなってしまうという事に繋がるからです。
    また「磁器ディスク」という事は、カセットテープのように摩耗して磁器が弱くなることもあります。この磁器が弱くなりデータの読み書きができなくなる部分を【不良セクタ】といいます。この不良セクタができてしまったハードディスクは不良セクタを読込みに行ってしまいます。【不良セクタ】は磁器が弱くなった部分ですから、読込には非常に時間がかかってしまい、そして【Windowsやソフトの起動遅延】や【データの読み取り不良】を発症します。不良セクタができてしまったハードディスクは、壊れる寸前でかろうじて動いてくれている状態なので、早急なデータのバックアップが必要です。遅れてしまうと取り返しのつかない事態になってしまいます。

    サポート例

    内蔵ドライブ・ボード交換 ¥4,500 + 交換パーツ費用
    内蔵されたハードディスクや光学ドライブ、グラフィックボードの交換/取り外しを行います。

    メモリーエラーによる動作不良

    エラー表示パソコンの処理はこのようなイメージで行われます。【パソコンに指示を出すクライアント】は『アナタ自身』、【CPU】は『出された指示を処理する人』、【メモリー】はクライアントから出された指示書や処理途中の書類や参考書を置く『机』、【ハードディスク】はCPUから処理された情報を保存しておく『倉庫』、概ねこんなイメージです。その指示書や処理途中の書類が置いてある机が、壊れてしまったらどうなるでしょうか? 指示書を紛失してしまったり作業途中の書類が無くなり、作業ができなくなって中途半端なままで放置されてしまいます。作業が中途半端なままで放置され、中の処理が完璧に終わってないのにあたかも
    終わっているように見せかけられてしまいます。それが蓄積していくと
    起動が遅くなったり、動いていたものが急に動かなくなったりという症状を引き起こします。

    サポート例

    メモリー増設/交換 ¥2,200 + 交換パーツ費用
    内蔵メモリーの増設、または交換を行います。

    未アップデートによる動作不良

    Windowsupdateパソコンの動作不良はアップデート不足によっても発症します。Windowsは利用しているユーザーが多いため、常にセキュリティの脅威に晒されています。利用している人が多い分、悪巧みを考える人間も比例してたくさんいます。その脅威からユーザーを守るために「Windowsアップデート」は存在しています。※パソコンの電源を切ると『~%更新しています。電源を切らないで下さい』と表示されているかと思います、これが「Windowsアップデート」です。しかし、その「Windowsアップデート」が原因で、時には不具合が生じてしまう事もあります。不具合の解決方法は様々異なりますが、中には「使って
    いるパソコンメーカーのアップデートに気が付かなかった」ことが原因で
    エラーを表示する事もあります。メーカーからのアップデート警告に気が付いて、「全て更新が完了していればWindowアップデートと噛み合わず、エラーを起こす事もなかった・・・」という話もよくあります。「Windowsアップデート」は【メーカーアップデートが全て完了している】事が前提のアップデートになる事を覚えておいてください。

    サポート例

    パソコンチューニング ¥3,500
    断片化して読込が遅くなったデータの整列、不要になったファイルの削除を行い、動作を速くします。また、WindowsUpdateやメーカーアップデート、Flash/JAVAなどの必要な更新も行います。

    根本的なパソコン性能不足

    スペックアップ「WordやExcelで文章を少し作成したり、動画を再生するくらいしかしないから一番安いパソコンでも大丈夫でしょ?」というお問い合わせを良くいただきます。確かに「使い始めの期間」はストレスなく動作します。ですが、パソコンは使用していると避けて通れない『アップデート』があったり、ウイルスからパソコンを守る対策ソフトを常に起動させておくメモリ容量や、しばらく使っていると溜まっていく余剰ファイルによる動作遅延などが待っています。これらのことを考慮せず、安易に安いパソコンを購入してしまうと『CPUがCeleronより性能の低いAtomだった』、『メモリーが2GBしか搭載されてなく、動作が極端に遅い』など動作が遅くなってきてから気が付き、結果、メモリー増設など後々対策を行うのに出費がかかるという事態になってしまいます。当店では、動作が遅くなったパソコンのアップグレードも行っておりますが、アップグレードにかかる費用に見合った性能向上が見込めない場合は、お買換えをご提案しております。起動や処理動作が遅くてお悩みなら、まずはご相談ください。また、 パソコンを購入する時は「使用用途は何か」をよく考慮して、見合った性能のパソコンを購入する事をお勧めいたします。パーソナルエイドでは、購入相談も無料で行っておりますので、パソコンの新規購入でお悩みなら直ぐご相談下さい!完全第三者目線でお勧めのパソコンをご提案致します。

     

     

    〒313-0016 茨城県常陸太田市金井町3627 合同会社パーソナルエイド TEL:0294-33-6820
    Copyright(c) 2011 合同会社パーソナルエイド All Rights Reserved.